税金

飲食店はどうして狙われやすいのか 税務調査に備えて気を付けるべき点とは

飲食店ミスが起きやすい飲食店の税務 飲食店には税務調査が入りやすいといわれています。 これは飲食店の多くが現金で商売をしているため、ミスや不正が発生しやすいからです。国税庁のデータを見ると、飲食店では2~3店舗のうち1店舗の割合で申告の誤りや不正が見つかって、追…

税務調査の頻度は?2回目はいつやってくる

税務調査はどのくらいの頻度でやってくるのでしょうか。 税務調査は10年に1回くらいの頻度でやってくるという説もあれば、5年に1回という説もあります。 実際のところ、法人では10年以上税務調査を受けていない場合も少なくありません。個人事業主であれば、それ以上…

競馬の払戻金にも税務調査が入る可能性あり

皆さんは競馬をやりますか? 少し前ですが、某お笑い芸人の方が税務調査に入られて、高額の追徴を課せられたことがありました。 競馬で儲けがある程度出ていれば、確定申告が必須です。 特に年間で50万円を超える利益が出ている場合、その年の「一時所得」として確定申告…

無予告での税務調査にはどう対応すれば良いか

税務調査は事前に通知のある場合とない場合があります。 事前通知が行われているものが通常の税務調査ですが、こちらは税務署から事前に「調査に行きます」と通達されるので、日程を調整した上で税務調査がされます。時間があくので、対象者の方は書類を準備する時間が取れま…

税務署と国税局の違い

税務調査を行う機関として、税務署と国税局があります。いずれの組織も国税庁の下部組織であり、税金に関連した業務を行う機関である部分は同じです。 しかしながら、税務署も国税局も管轄や細かい業務は異なります。本コラムではそれぞれの違いについて説明します。 税務署…

仮想通貨取引における無申告

ここ数年で、仮想通貨(いわゆる暗号資産)についての無申告や申告漏れが多くなっているように感じます。 過去のニュースでは仮想通貨取引によって得た利益を意図的に隠したために、脱税として起訴された事件もありました。 仮装通貨がインターネットでの取引であること、海…

個人事業主に税務調査が入る確率とは

事業を営んでいる以上、法人であっても個人事業主であっても税務調査が入る可能性はあります。 ただし、法人と比較すると個人事業主の方が税務調査の件数割合は低くなっています。 国税庁のレポートだと、個人への調査の割合は法人の1/3程度。 しかし、だからと言って税…

フリマアプリでの転売は確定申告が必要

フリマアプリなどの登場によって、現代では誰もが簡単に物を出品し、売却できるようになりました。 家庭で使わなくなったものを売る人もいれば、希少品の「転売」によって高額の利益を得る人もいます。 フリマアプリ等を介したインターネット取引の全てが課税対象ではありま…

動画配信による収入にも税務申告が必要

昨今はインターネットによって収入を得る方が多くいます。 YouTubeに動画を投稿するいわゆる「ユーチューバー」もその一つ。 先日のニュースでは、動画をYouTubeに投稿して約3600万円を得ていた方が、無申告だったために、約700万円を追徴課税されたと…

ページの先頭へ

税務調査が不安な方
是非ご相談ください

税務調査専門税理士が迅速に対応することで結果が大きく変わります
menu